海洋散骨、手元供養のよくあるご質問

散骨は合法?違法?

日本の法律では散骨を禁止する法律が存在しないため、散骨自体が罪に問われることはありません。
2019年現在、法律上は遺骨を土に埋めなければ合法です。しかし、散骨のやり方や場所によってはトラブルに発展することもあります。

そのため、散骨を行いたい場合には専門知識のある会社にお願いをすることをおすすめいたします。

公のルールや手続きについて教えて

散骨を行う際には、自治体での手続きは基本的に必要ありません。
散骨までは通常の火葬と同じく、自治体の役場で死亡届を提出して火葬許可書をもらい、遺体を火葬します。
ただし散骨は火葬直後に行う他に、自宅に安置していた遺骨を散骨するケースや、すでに埋葬された遺骨を引き取って散骨するケースもあります。

すでに埋葬された遺骨を引き取って散骨することは可能?

すでに埋葬された遺骨を引き取って散骨する場合には「改葬許可書」が必要です。
これは埋葬された遺骨を他の墓地などに移す際に必要な許可書で、自治体に申請することで入手できます。

散骨する場所についてはどういうところがありますか?

散骨をする場所は個人の自由ですが、公衆衛生や周りの人の感情についての問題から、散骨を避けた方がよい場所はいくつか存在します。

例として他人の私有地、公共の河川や湖、水源に近い場所、人が良く集まる海水浴場や漁場・養殖場の近く、国有地※管理者の許可が必要。

などがあげられます。

当日の行動や装いについて教えて欲しい

公共の場所で行う散骨は、できれば人がいない時間帯を選びます。
もしも周りに人がいる時に行うなら、喪服を着ないなど散骨だと分からないようにして行うのが望ましいです。
リゾート地などでは特に、周りから浮くほどフォーマルな格好はマナー違反と考えましょう。

持参した花束等がある場合は、花束を包んでいたビニールなどのゴミを残らず持ち帰るのもマナーです。

散骨のタイミングはいつが良いの?

散骨を行うタイミングには特に決まりはありません。

葬儀後にすぐ散骨する人もいれば、49日を過ぎてから散骨する人、または埋葬済みの遺骨を引き取って砕骨、散骨する人もいます。

ご遺族が納得して行えるタイミングなら、いつ散骨を行ってもいいのです。

海外の海での散骨は可能?

海外だと、ハワイやオーストラリアのグレートバリアリーフ、パラオなどで散骨ができます。
ただし、散骨に関する規定は国によってそれぞれです。
特にハワイでは、陸地からの距離や散骨への参加者の人数などに関して様々な規定が存在します。
違反すると賠償金を請求される恐れもあるため、出国前にその国の法律を必ず調べておきましょう。
また、遺骨を海外へ持ちだすのにも各種の手続きが必要です。

海外の海での散骨は可能?

海外だと、ハワイやオーストラリアのグレートバリアリーフ、パラオなどで散骨ができます。
ただし、散骨に関する規定は国によってそれぞれです。
特にハワイでは、陸地からの距離や散骨への参加者の人数などに関して様々な規定が存在します。
違反すると賠償金を請求される恐れもあるため、出国前にその国の法律を必ず調べておきましょう。
また、遺骨を海外へ持ちだすのにも各種の手続きが必要です。

海外の海での散骨は可能?

海外だと、ハワイやオーストラリアのグレートバリアリーフ、パラオなどで散骨ができます。
ただし、散骨に関する規定は国によってそれぞれです。
特にハワイでは、陸地からの距離や散骨への参加者の人数などに関して様々な規定が存在します。
違反すると賠償金を請求される恐れもあるため、出国前にその国の法律を必ず調べておきましょう。
また、遺骨を海外へ持ちだすのにも各種の手続きが必要です。

宇宙葬の料金相場はどれくらい?

宇宙葬は、プランや業者によって費用が異なってきます。
月面に散骨するプランがもっとも高額で、相場が約250万円です。
人工衛星に搭載するプランは約100万円、ロケットに搭載するプランだと約50万円が相場になります。
業者で比較すると、費用が安い所だと約20万円で宇宙葬を行えるところもあれば、やはり100万円近く掛かるところもあります。いずれにせよ、宇宙葬はまだそれほど手軽なものではないと考えるのがよさそうです。

樹木葬と料金相場はどれくらい?

樹木葬とは、樹木の根元に遺骨を撒く自然葬の一種です。故人の好きだった樹木の下に眠らせてあげたいという思いで行われるケースがよく見られます。トラブルになりがちな陸地での散骨ですが、樹木葬は専用の墓地で行えば問題ありません。また、遺骨を土に埋めた上から樹木を植えることを樹木葬と呼ぶこともあります。

遺骨を埋葬した後に樹木を植えるタイプの樹木葬は、相場が50万円前後です。
200万円弱掛かると言われている墓石に比べると、かなりリーズナブルにお墓が建てられます。
また樹木の根元に散骨するタイプは、それよりも費用が安くなります。
その後の維持管理費は樹木葬を行った場所によって異なりますが、例えばある霊園では運営管理費に年間1万円が必要です。
他の霊園や墓地を見てもその前後の金額なので、2万円まではいかないというのが相場と見られます。

© 2020 by BABY LOVE. Proudly created with Wix.com

  • messageImage_1560769880780-01
  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Twitter